TechShopTokyo見学ツアーに参加した


今日は会社のmake部メンバーと一緒にTechShopTokyoの見学ツアーに参加してきました。

TechShopTokyoとは

アメリカ発の会員制DIY工房で、2016年4月1日にアーク森ビル3Fにオープンした施設です。本格的な工作設備が多数配備されており、3Dプリンタ、木工加工、金属加工、樹脂加工、テキスタイル、カラーリング、電気工作など何でも作れる工房です。またセミナールームも有り、講習会も行われています。

見学ツアーとは

予約無しで施設内が見学できる30分ほどのツアーです。

曜日 時間
平日 13:00、15:00、17:00、19:00
土・日・祝日 11:00、15:00、17:00、19:00

写真レポート

0003_xlarge

3Dスキャナー。緑の物体をスキャンして、右が複製されたもの。すごい。0006_xlarge

名前は全く覚えていないが、木工用機械。イラレデータを入力すると自動的に木を加工してくれて

0007_xlarge

こんなのが作れてしまう。木を回転させながら上から削るとのこと。加工しているところを見てみたい。

0012_xlarge

金属加工機械。これもデータを入力すれば自動的に加工してくれる。

0016_xlarge

溶接も出来る。

0024_xlarge

樹脂加工。所謂プラスチック製品を作ることが出来る。

0025_xlarge

データを入力するだけで好きな樹脂製品を作ることが出来る。ちょうどいいサイズの箱が欲しい場合は、樹脂加工で作ると良さそう。(もっとマシなものを作るべきだが・・・)

0023_xlarge

スマホケースへの印刷も出来る。0022_xlarge

0020_xlarge

いろんな素材にもカラフルな印刷ができる。

0033_xlarge

印刷ではなく、自動的に縫ってくれる。TechShopの機械で印刷できないものはほとんど無い気がするw

0018_xlarge

施設の中心にあるワークスペース。作業場、MTGとして利用できる。広くて良いね。

0002_xlarge

と、雑なレポートで恐縮ですが見学会のまとめでした。想像していた以上に本格的な施設で機材も揃っていました。実際にアメリカではTechShopからSquareのプロトタイプを作り生まれたりしており、日本には足りない新しい何かを作る気質を感じた。

オープンにソフトウェアを開発する場としてコワーキングスペースがあるが、ここはハードウェアのコワーキングスペースという印象だった。今までこういうことするには自分で機材を揃えるか、DIY店の片隅にある加工コーナーに行く必要があったが、都内で気軽に行けるのは興味深い。

今後ここから新しいハードウェアのスタートアップが生まれるかもしれない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする