Swift文法まとめ 変数・配列・関数

SwiftのTipsはブログの記事にしても問題ないという確認が取れたので、自分の勉強用に理解したこと&進捗用にまとめよう。

変数/定数

  • varで変数
  • letで定数
var now_count = 50
let MAX_COUNT = 100
  • コロン区切りで型宣言も可能
var number: Integer = 200
  • 都度型宣言は不要。コンパイラーが自動的に推測する。
  • 型変換可能。型違いの値を結合しようとするとエラーになる。

変数展開

  • \()で変数展開ができる。
  • バックスラッシュはMacの場合はOption + ¥で入力可能
var numbers = 3
var answer = "I have (numbers) pens."  => I have 3 pens.

配列

  • ブラケット[]で指定する
var fruits = ["apple", "banana", "melon"]

連想配列

var myHouse = [
    "station": "tokyo",
    "floor": 3
]

関数

  • 関数宣言にfuncを使用
  • 引数の型指定が必要
  • ->で返り値の型指定が必要
func sayHowdy(name:String) -> String {
    return "(name) Hello"
}
sayHowdy("Steve")

と今日はここまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする