ntpd monlist脆弱性の対策法


JPCERTよりntpdの脆弱性の報告があった

NTP Project が提供する ntpd の一部のバージョンには、NTP サーバの状態を確認する機能 (monlist) が実装されており、同機能は遠隔からサービス運用妨害 (DDoS) 攻撃に使用される可能性があります。

NTP は、通常 UDP を使用して通信するため、容易に送信元 IP アドレスを詐称することができます。また、monlist 機能は、サーバへのリクエストに対して大きなサイズのデータを送信元 IP アドレスへ返送するため、攻撃者は攻撃対象の IP アドレスを送信元 IP アドレスに偽装した問い合わせパケットをNTP サーバに送信することで、大きなサイズのデータを攻撃対象 (Web サイトなど) に送りつけることができます。

ntpd 4.2.7p26 より前のバージョン
*) 安定版の 4.2.6.x は全て影響を受けます。

全部ってことですね・・・

バージョンを調べた所見事にビンゴ。

対処方法としては
1. ntpdを停止する
1. ntpdを起動させる場合は/etc/ntp.confにdisable monitorを記述してmonlist機能をOFFにする
とのことでした。

考えた結果、そもそもntpdを常駐しておくほどの事もなく1日1回時間補正をしてくれればいいので、ntpdは停止し/etc/cron.daily/ntp.cronを追加し、毎朝時間補正をするようにしました。

chefに下記を追加

runlistに追加して適用!終わり!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする