grepコマンドの各オプションの使い方を調査した


書式

grep [オプション] [パターン] [ファイル名]

オプション

オプション 意味
-A NUM, –after-context NUM NUMで指定した行だけマッチした行の後に表示する
-B NUM, –before-context NUM NUMで指定した行だけマッチした行の前に表示する
-C, –contest NUMで指定した行だけマッチした行の前後に表示する
-c, –count マッチした行数を表示する
-e PATTERN, –regexp=PATTERN パターンを指定
-E PATTERN, –extended-regexp=PATTERN 拡張正規表現として扱う。egrepと同じ。
-f FILE, –file=FILE パターンをファイルから一行ずつ読み込む。空ファイルの場合はパターンを含まないので何にもマッチしない。
-G, –basic-regexp 通常のgrepとして動作。基本正規表現として扱う。
-H マッチした行の頭にファイル名を表示する
-h, –no-filename ファイル名を表示しない。
-i パターン、入力の両方で大文字小文字を区別しない case-sensitive=大文字小文字を区別するという意味
-o, –only-matching マッチした箇所のみ表示する
-q, –quiet, –silent 標準出力を抑える
-v, –invert-match 結果を反転してマッチしなかった行のみ表示。invert=逆にする、反対にする
-w, –word-regexp キーワードにマッチする行のみ表示する
-Z zgrepとして動作

備考

  • 正規表現には基本正規表現と拡張正規表現の2種類がある。オプションで正規表現を実行する際はどちらで評価されるのか注意する事

-B

-C

-H

-o

-v


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする