CentOS5.8にyumでgitをインストールする


Git-Logo-1788C

CentOS 5.8(Final)にyumでgitをインストールしようとするとNo package git available.と言われインストール出来ない。

gitはepelリポジトリに含まれているため、まずはepelリポジトリをyumで使えるようにします。

環境

epelリポジトリのインストール

これでgitはインストール可能になるのですが、このままではepelリポジトリがCentOSの公式リポジトリより優先されてしまうので、公式リポジトリを優先するように設定します。

yum-prioritiesのインストール

優先度の変更

先ほどインストールしたyum-prioritesによりBaseリポジトリにpriorityで優先度を付ける事ができます。

gitのインストール

gitのインストール完了です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする