サーバーの転送量の調べ方

ウェブサーバーの場合はApacheやNginxのログファイルにある転送量を合算すれば算出できるが、DBサーバーの場合はどうすればいいのか調べていた所、ifconfigコマンドでサーバーが起動してから転送量が分かるとの事。

# ifconfig eth1
eth1      inet addr:xxx.xxx.xxx.xxx  Bcast:yyy.yyyy.yyy.yyy  Mask:255.255.255.192
          RX bytes:86505216487 (80.5 GiB)  TX bytes:658784079187 (613.5 GiB)

RX bytesが受信パケットバイト数、TX bytesが送信パケットバイト数です。なのでサーバーから外部に放出された送信側の転送量をサーバーの起動日数で割れば1日あたりの平均転送量が算出できるという事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする